注文住宅による一戸建ての家は素敵

注文住宅って憧れます。外観から間取りからすべてを自分好みにできたら他に何もいらないくらいです。かれこれ10年も前の話になりますが実家の隣家が家を建てなおすことになりました。CMで誰でも知っている大手ハウスメーカーの統括でした。広い土地をならす基礎工事では土を丘のように盛りたてて土台をつくっていました。母と私で「盛るのが流行っているんかね?」と、のんきに工事の様子を見物したものでした。隣家のご主人は日曜日になると小脇に大量の資料が入ったファイルをかかえ営業担当者や業者さんと打ち合わせをしていました。世帯主が隣家の旦那さんで奥さんのご両親が資金援助し、その資金援助したご両親も名古屋から呼んで2世帯で住むということでしたので大掛かりな工事だったようです。今思うとあれが私にとって一番身近な「注文住宅による一戸建ての素敵な家」でした。
昨年我が家も念願の一戸建てを購入しました。が、さすがに都内の駅近で注文住宅なんてものは買えるはずもなく、当然のように建売住宅ですが。それでも我が家にとっては頑張った方で、最寄駅から徒歩5分圏内に住むという夢を叶えることができたので満足です。小学校も目の前ですし、スーパーも隣なので先々を考えてもこれ以上ない物件でした。 家、マンションを購入することは人生において最大の買い物である人がほとんどではないでしょうか。そしてその買い物において、マンションにするか、一戸建てにするかを検討します。しかし、大阪、東京の都会では必然的に決まってしまいます。大阪、東京においては土地の値段が高いので、一戸建ては相当離れたところになるか、狭い土地になるかでないと購入することができないのです。しかし、都市部周辺ではマンションの方が安いので多くの人がマンションにするでしょう。しかし、地方においては一戸建てを購入する人が圧倒的に多いのです。一戸建ての中でも建売住宅ではなく、注文住宅による住宅の購入なのです。デフレ傾向で住宅自体の価格も下がっており、以前ほど高くはないですし、銀行も低金利で貸してくれます。注文住宅のよさはなんと言っても、間取り、広さを自分である程度決められますし、キッチン、トイレ、風呂などの器具も自分で選べるのです。自分の将来のライフスタイル、好みに合わせて家の中をコーディネートもできたりします。非常に夢のあることです。マンションですと管理組合ですとか隣ばかりか上下のお宅にも気を使った生活を強いられます。その点戸建の住宅はある程度融通が利きますので、気持ち的にものびのびとした生活ができるのではないでしょうか。私は今現在アパートに住んでいますが、やはり様々なところに気を使いますし、なんといっても収納が非常に少ないです。小さな子供と猫がいますが、自由に追いかけっこができるような廊下的なスペースもありませんし、結婚前に主人も私もお互いに一人暮らしをしていたこともあり、荷物がものすごいため3部屋あるうちの1部屋は半ば倉庫のような状態になっています。
注文住宅って依頼するところによって3種類あるようですね。ひとつは建築家に依頼する注文住宅。つぎにハウスメーカーに依頼する注文住宅。そして工務店に依頼する注文住宅だそうです。私の友人がご両親から譲り受けた都内の土地に注文住宅を建てました。なんでも狭い土地を有効利用するため有名な(名前を聞いたのですが忘れてしまいました)建築家に依頼したそうです。もう建築して7~8年経ちます。そのお宅には何度も伺ってますが部屋の中に木目の螺旋階段があり室内全体にほのかな木の香りがします。一戸建てでありながらロフトなども含めますと4階建です。2~3年前までは屋上から隅田川の花火が見れたのですが最近周囲に高層マンションが多くなり夜空の大輪も半分しか見れなくなってしまったと嘆いていました。

相模原市の注文住宅 新築戸建は美都住販へ 717 6/4
更新 4月13日

Copyright © All rights reserved.戸建.